一時的に海外に出国する場合

苦労して日本での在留資格を取得したとしても、何も手続きをせずに日本から出国すると、
原則としてその在留資格は無効となってしまいます。
再び入国する際にはもう一度、在留資格認定証明書を申請しビザを取得し直すことになるのですが、
これでは頻繁に出国する人には不便で仕方がありません。

そこで、日本を出国する前に「再入国許可」を申請しておくと、与えられた期限内であれば再びビザを
申請する必要もなく、日本から出国した後も以前と同じ在留資格で入国することができるようになります。

日本に滞在する外国人が一時的に本国に帰国する場合や、海外旅行に行く場合などには、
出発前に必ず再入国許可を取得しておかなければなりません。

ついうっかり申請するのを忘れて出国してしまうと、再びビザを申請して再取得しなければ入国する事が
できません。どんなに急いで手続きを行ってもビザが再交付されるまでに1ヶ月以上はかかってしまいます。

再入国許可にはマルチ(数次有効)許可とシングル(1回限り)の2種類があります。
マルチは定められた期限内(通常は在留資格と同じ期限内)であれば何回でも出入国が可能で、
取得時に支払う手数料は6000円です。
一方、シングルの手数料は3000円です。

とはいえ、いつどんな急用で出国する必要が生じるかわかりませんので、
常にマルチの再入国許可を取得しておく事をお勧めします。

再入国許可の申請は入国管理局や出張所などで行い、通常は外国人登録カードを持って備付の申請書に
記載をすればその場で許可がもらえます。
また、本人が病気や16歳未満の場合で申請しに行くことができない場合には、同居の親族等が代理で
申請することも可能ですが、必用書類などが若干変わりますので事前に確認する必要があります。