ビザと在留資格の違い

ビザとは、外国にある日本の領事館や大使館が外国人のパスポートを見て、
“日本への入国は問題ない”と判断した場合に押印されるもので、
日本へ入国するための推薦状の様なものです。

入管法においては、上陸申請の要件となっているのが有効なビザを所持していることとなります。
原則として、入国審査官が日本の空港でパスポートに押されたビザを確認し、
それに見合った在留資格を付与して外国人の入国を許可することになります。
入国時に与えられた「在留資格」が外国人の在留する根拠となり、入国を許可された時点でビザは
使用済みとなります。
つまり、外国人が日本へ入国する際、最終的な入国が許可されるのは、現地の日本大使館などで
ビザ発給の審査と入国時の空港などで上陸審査が行われた後となります。
 
言葉の意味として「ビザ」と「在留資格」はよく混同して使われます。
“就労ビザ”や“ビザ変更”などとよく言われますが、正確には“就労ができる在留資格”、
“在留資格の変更”となります。

しかし、一般的には在留資格のことをビザと呼んでも問題なく意味は通じますし、
逆に「ビザ」と「在留資格」を正確に区別すると意味が通じず混乱する場合すらあります。